2011年02月24日

Audible 第124冊目

Unbroken / Laura Hillenbrand

実は、ちょうどさっき読み終えた本です。主人公
のLouis Zamperiniは、陸上の花形ランナーだった。
そこに戦争が。軍機が墜落し、海上で何度も恐ろ
しい経験をして、たどり着いた先には捕虜生活。
そこからは、想像を絶するような仕打ちが続く。

人間の心身の力というのは、ここまで耐えられる
ものなのか、また彼を最終的に救ったキリスト教
の力というものにも、一種の畏敬を感じます。
Zamperini氏は、最終的に生き残ったから結果的に
強かったと言えるかもしれません。いろんな確率
の間を幸運にもすり抜けてきたとも言えるかも。
まあ、でも全編とにかく、もの凄いです。

歴史的には、これを読んだ多くの米国人は本書
から日本人の過去の蛮行が再現されることで、
原爆とかも肯定的に見ることになるのかも。この
あたり、読んでいていろいろ複雑でした。

英語は読みやすく、Audibleで、本書の読み手の
Edward Herrmann氏もビシッときまっています。
先日、「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男」
を観てきたこともあり、命の大切さということを
考える昨今です。(2011年2月24日読了)


posted by 英語生活人 at 15:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Audible 第123冊目

The Confession / John Grisham

今年の最初の読了本です。これまでGrisham氏の本は
当たり外れがあり、ちょっと敬遠気味でしたが、今回
は当たりでした。文章が読みやすく、素直に良かった
です。刑罰・死刑・冤罪・良心。。。こうしたことを
いろいろと考えさせられます。おすすめ。1月9日読了
posted by 英語生活人 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Audible 第119-122冊目

第119冊目 Word of Honor / Nelson Demille
第120冊目 Born to Run / Christopher McDougall
第121冊目 What Got You Here Can't Get You There / Marshall Goldsmith
第122冊目 61 Hours / Lee Child

かなりためてしまいました。。。忙しいのに甘えて
しまい、読めていなかったんです。

上の"Born to Run"は、特に印象深かったです。
人間は、走るのに都合良く作られており、足も
靴を履かないのが理想らしいです。本に出て
いる部族タラウマラ族のもの凄い体力は必読。
第121冊目の"What Got You Here Can't Get You There"も
これからの行動指針として参考になります。

posted by 英語生活人 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

おーっと的な表現23

この前、ドラマの「Modern Family」を観ていて、一つ印象に残った表現がありました。ある場所である時間に、不特定の人々が急に集まって歌に合わせて一緒に振り付けもビシッと踊り出すシーンです。さて、登場人物はこれを何と表現していたと思いますか?(知らないのは僕だけかも?)

1) rush dance
2) people sync
3) scramble raid
4) flash mob




答えは下に。

























4)flash mobです。
いやー、ウィキペディアによると、「フラッシュモブ(Flash mob)とは、インターネット、特にEメールを介して不特定多数の人間が公共の場に突如集合し、目的を達成すると即座に解散する行為」とありましたー。知らなかったです。ちなみに、Modern Familyとは、20数分ほどのコメディーで、男性の同性愛の夫婦、南米からの若い妻とその子どもと結婚した米国人の金持ち、そしてアメリカ白人夫婦とその子ども3名が織りなす物語です。(全て彼らは親戚です。)あれこれと他愛のないハプニングを通して、アメリカの「今」を垣間見ることができます。





posted by 英語生活人 at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | おーっと的な表現集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

huluでドラマ+英字幕を楽しむ

今回は、ちょっと裏技としておきます。一応知る限り有料なので。

言わずと知れたhulu(http://www.hulu.com/)ですが、ここにはあらゆる英語のドラマが結集しています(最近の放送分ですが)。ただし、これを観るには日本のIPアドレスでは観られません。私の場合、ちょっとコストがかかりますが月1,500円程を出して、アメリカのIPアドレスを経由するネット接続にしています。

そうすると、音声・画像ともかなりきれいに最新のドラマを観ることができます。かなりのドラマがCC(字幕あり)なので、音声と字幕で確認もできます。SideReel(これは字幕なしですが無料です)のように、データを溜める必要もほとんどなく、とてもスムーズです。さらに、http://radio.com/ とかでラジオ局も聴けるようになります。

さて、私の登録サイトは、MyUSAnet.comで安いです。また、usaproxyserver.comなどもあります。さらには無料でHotspot Shieldというものがあるようですが、すみません、よく知りません。

とにかく、あきらめずにいろいろトライすると、意外な見つけ物が見つかりますので、トライしてみてください。




posted by 英語生活人 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング力を伸ばす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

最高のThe EconomistをiPhone/Touchで

ネイティブスピーカーお勧めの英文週刊誌 The Economist

の英語と音が集中して聴けます。これを待っていました。これで現在、

朝の通勤がThe Economistの時間になっています。新しい記事を開くと、

自動的に音読も始まります。綺麗な英国の英語でプロのナレーターが

きれいに読んでいます。情報の量とレベルは最高です。最終兵器かも。

iTouch/iPhone対応です。

以下に参考サイトを紹介しておきます。ビシッと読めます。


http://itunes.apple.com/us/app/the-economist-on-iphone/id400658551?mt=8

http://www.cellpassion.com/2010/11/19/the-economist-launches-iphone-ipad-and-ipod-touch-editions/
posted by 英語生活人 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

記事が無料で読めますね

The Wall Street Journalと、Financial Timesは
基本的に有料のものですが、グーグル経由で記事名
を検索して出すと、記事が読めます。もしかして、
これは非公式の相互プロモーションかも?

http://asia.wsj.com/home-page

http://www.ft.com/home/asia

−−−−
posted by 英語生活人 at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | リーディングを伸ばす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Financial Times と Economistの和訳サイト

いくつかの記事が和訳されています。
時事知識の充実に良さそうですね。

Financial Times と Economistの和訳サイト

http://jbpress.ismedia.jp/category/ft

−−−
posted by 英語生活人 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

英語TV番組をダイレクト、無料

大体は米国のリンクがOKです。
(リンク切れも多いですが。。。)
TV番組がリアルに見れます。無料。
CMなんかは、文化の違いを感じ
させます。バスケットボール

http://www.tvpc.com/ChannelList.php


---

posted by 英語生活人 at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 総合力をつける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無料で英語最新ドラマ見放題


Sidereelというサイトです。ここからの
リンクのうち、いくつかのリンクでほぼ
見れます。リンクはmegavideo経由が比
較的確実かも。

字幕はもちろんありません。海外にいる
つもりで。ただし、ものによっては約1秒
ほど画像とセリフがずれることがあります。

現在、Chuckにハマッてます〜。わーい(嬉しい顔)


http://www.sidereel.com/_television

---
posted by 英語生活人 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング力を伸ばす | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする