2007年09月18日

Audibleな洋書生活 40


The Burnt House (Peter Decker &
Rina Lazarus Novels)

今回は、捜査ものを一冊(というか、
またですけど〜)飛行機事故の死者
の内訳に端を発する事件捜査にまつ
わり、いろんな人間模様が出てきます。
特に、尋問のやりとりでは、他の
作家よりもかなり迫力を感じさせます。
小生は最初の作家ですが、これは
もの凄いベテランの作家らしいです。

ただ、ハードだったのは登場人物が
多く、注意して読まないと分からなく
なってしまいがちなことでしょうか。
英語に関しては平易で、プラス口語
体の表現が鋭くちりばめられています。
捜査もの、尋問のスリルを味わい
たい方は、是非これを。
(Audible読了94冊目)
posted by 英語生活人 at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。