2007年08月15日

Audibleな洋書生活38

今回、読んだのは、クーンツの最新作です。

The Good Guy
by Dean R. Koontz

Timothy Carrierは、ひょうな事からある女性を
殺して欲しいという依頼をされてしまい、その
ままお金までもらう羽目に。いわゆる殺し屋と
間違われてしまったわけですね。

その後、本物の殺し屋(Krait)が現れて、Timothy
を依頼者と間違える。Timothyは、その殺し屋に
金を渡すも、「気が変わったから、話はなかった
ことにしてくれ」と言う。

その後、Timothyは、狙われた女性(Linda Paquette)
へ会い、彼女が狙われている事を知らせる。でも、
Timothyは彼女と一緒に殺し屋から逃げ始めます。

まあ、いわゆる追跡もので、悪が善を追いかける
逆張りパターンです。所々にサスペンスを感じさ
せる部分がありますが、全体からすると、どうも
やっぱり数年前のクーンツ氏の作品程の切れ味は
ないと思います。最初に読むなら、是非"Watchers"
や"Intensity"、または"Lightning"あたりがお勧め
です。(Audible読了92冊目)
posted by 英語生活人 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。