2007年03月01日

長いトンネル

英語を勉強していると、必ずと言っていいほど
伸び悩みの時期がある。言葉なんていうものは、
そんなに急に激的に伸びない。

だから、まるで長く暗いトンネルをずーっと
一人で歩んでいるように思える時期が来る。

僕の場合は、英検1級、通訳技能検定2級、そして
国連英検特A級、また留学がそうだった。

それぞれを突破する時、もう一体いつになったら
通過するんだろうか、もう自分の英語力は伸びない
のではないだろうか、と絶望に何度も陥った。

特に、英検1級の時は、何度も落ちて、もう英語
なんか辞めてしまおうか、と思った。

国連英検も、そうだった。あまりに困難な問題
ばかりで、こんな試験に誰が合格するのかと憤り
さえ覚えた。

それが数年続いた。それぞれの試験のたびに。

でも、振り返ってみると、いつの間にか全て
乗り越えてきた。

自分も、やればできる。
英語は、やれば必ず伸びる。
世の中、捨てたものじゃない。

僕は、少ないながらも自分の検定や学位取得の
過程で、案外大事なことを経験できたと思う。

それでも...

自分の言いたいこと、書きたいことが本当に
表せているのかとなると、甚だ心許ない。

英語というのは、本当は検定試験取得などでは恐らく
計り知れない深さと楽しさがあるはず。数え切れない
人との出会いもあった。

またそれは、自分の英語力がどこまで伸びてくれるのか
という一種の実験でもある。もちろん挑戦でも。
期限は、老いて死ぬ日まで。

たとえロバのようなスピードであっても、少しでも
前進していきたい。

さて、次はどのトンネルに入ろうか。





posted by 英語生活人 at 00:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。記事を読んで元気づけられたのでコメントさせていただきました。
英語に自分なりに向き合うようになって次から次へと壁にぶつかってます。ちょっと進んだかと思うと次の壁が見えるというような状態で、浮いたり沈んだりしながら細々と続けています。資格試験なんて・・・と思ってたんですが、とても多くのものを得ることができました。
英語生活人さんのような方でもより上を目指してがんばってられるのを知り励まされました。何年かかるかわかりませんが、わたしも自分なりのスピードでがんばります!
Posted by zea at 2007年03月26日 19:02
コメント有り難う御座います。英語生活人です。英語は急に伸びず、じわじわと変わるのでじれったいのですが、必ず伸びています。自分に合ったやり方があれば、それがベストです。キーは多読と多聴だと思います。小生も長い目で前進したいです。
Posted by 英語生活人 at 2007年03月27日 08:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34954010
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック