2007年02月14日

Audibleな洋書生活 7-14



Audible洋書生活 

これまで読んだ本ですが、ここでは一挙に7冊目から
14冊目までを挙げておきます。

14. Judge & Jury
James Patterson, Andrew Gross

ちょっと前に読みましたが、いやいや、なかなか。

ハラハラものですが、英語も読みやすく、買った

価値大です。追跡プラス恋愛プラスヒューマニ

ティー愛という感じ。最後の結びもぐっときます。

英検で準1級があれば、十分楽しめると思います。

この作者の作品は、深遠な哲学や深い余韻という

よりも、スカッとする感じでアクション映画になりそう

な物語が多いようです。ご参考までに。

Audibleの場合、この作品はいろいろと効果音が

随所に入っており、臨場感がありますー。


主な登場人物Top 5
1. Nick Pellisante (Smiles): FBI
2. Andie Degrasse: 陪審員の一人
3. Jarrod: Andie の母
4. Dominic Carello (Electrician):マフィアのボス
5. Richard Nordeshenko (Remlikov):Dominicの
雇われ殺し屋

(Audible読了69冊目)

−−−−−−−−−−

13. The Faithful Spy
Alex Berenson

バタバタしている中でもやめられない

一冊でした。ずばり、ハードボイルドもの

です。CIAから隠密でテロ組織へ潜入、

何年も要し内部の信用をある程度得た

John Wellsは、「今回テロリストの一員」

として米国へ戻ってきます。でも、CIAへ

の連絡があまりできなかったJohnは、

今度はCIAの信用がかなり失われており、

本当にテロ組織の一員になっていないか

疑われます。他方テロ組織の幹部からも、

まだ完全な信用が得られれておらず、

彼は一種板挟み状態に。その中で、

命がけの行動に出るのですが...

人物描写もとてもしっかりしており、さすが

The NewYork Times のレポーターという

感じです。前半は特に心理描写が優れて

おり、また、後半は動的な描写でぐいぐい

と引き込まれます。著者の初の小説という

ことで、今後の活躍が期待されます。

かなり渋めの作品です。じわっとハラハラ

したい人、これはお勧めです。


(Audible読了68冊目)

−−−−−−−−−−

12. Cloud of Sparrows
Takashi Matsuoka

先ほど読み終えた一冊です。日本の幕末時代を背景に、日本の

武士達を西洋文化との対比でとらえつつ、またソフトな恋愛

ドラマ的要素も盛り込んだ秀作です。

予知能力を持つ賢明な大名Genjiは、当時まだまだ続いていた

戦いと陰謀の時代を生きていたのですが、そこに宣教師の3人

がアメリカからやってきます。彼らそれぞれの人生模様とGenji

を取り巻く人物像や、異文化が出会った時の互いに及ぼすイン

パクトも盛り込んでいます。著者は、あまりまだ知名度が低い

かも知れませんが、なかなかの筆力があり、今後も活躍しそう

な気がします。日本人名ですが、この著者の英語はもちろん

何の問題もなく、とても格調高いものを醸し出しています。

(戦いのシーンは、かなりリアルな描写があります。)

武士道・異文化コミュニケーション・キリスト教・仏教・

幕末・ラブなどに興味がある人にうってつけの作品です。

(Audible読了67冊目)

−−−−−−−−−−

11. Company Man
Joseph Finder

CEO(最高経営責任者)のNickは、経営のために大がかりなリストラ

をするのですが、そのために地元の失業者が増えて、住民から

恨まれることに。彼の周囲に危険が迫ります。そんな中で、正当

防衛のためにある侵入者を殺してしまうことに。ところが、それの

事後処理をどうするかである男に相談するところあたりから、

物語は佳境に入っていきます。心理描写も生き生きしていて、

お勧めです。最後のあたりににどんでん返しもあり、読み応え

十分。

−−−−−−−−−−

10. Night Fall
Nelson DeMille

最初からじわりじわりと目が離せない筋立てで、 Demilleならでは

の技です。不倫者同士で密会中の二人は、旅客機のミサイルのよう

なものによる墜落の瞬間を目にします。でも彼らは不倫の立場上、

証言者として表沙汰にはなりたくありません。また、実はどうも

その事故の背後には権力が絡んでいて、CIAも単なる事故として済

まそうとします。唯一の目撃者としての彼ら二人はどうするのか...

読ませてくれますよ、これは。

Demilleの英文はとても読みやすく、筋書きも入り組んで

いません。是非この機会にチャレンジしてみられてはどう

ですか。即彼のファンになるかも。

−−−−−−−−−−

9. Consent to Kill
Vince Flynn

さて、今回は極上のサスペンスものを。

Vince Flynn作Consent to Killです。

米国の対テロ組織で闇の仕事人として活躍

するMitch Rapp。彼は、以前した仕事に絡んで

サウジの大物に命を狙われます。Mitchを直接

狙うのは、これもいわゆる凄腕の仕事人ペア。

Mitchの愛妻Annaの命も...

というと、何か別によくあるストーリーじゃないの

って言われそうですね。でもまあ、もしかしたら

そうかも知れませんが、実際は凄く深いんです。

人生の大切さって何だろうなーとか考えさせら
れたり〜。

じわーっと心にしみるラストもあり、お勧めです。

英語?読みやすいです。準1級、TOEIC750前

後以上が鑑賞レベルと見ました。

−−−−−−−−−−

8. The Lion's Game
Nelson DeMille

この作者の本は、実はこれまで3冊目に

なりますが、すべてぐいぐいと時間を忘れて読

めるものばかりです。あらすじは、家族をアメ

リカの空爆で失った男カリルが、アメリカという

国に入り込んで復讐行動に出るのを型破りな

捜査官ジョンと美人のケイトのペアがカリルを

阻止しようと奔走する...というものです。ジョン

とケイトの会話が何とも粋で、アメリカのユー

モアを垣間見ることができます。

Audible.comでの再生時間は、約22時間です

が、本当にあっという間に読了しました。これは

かなりの面白さです。英語も易しいですよ。

今後のDemilleの作品はすべて要チェックです。

−−−−−−−−−−

7. The Cold Moon
Jeffery Deaver

今回は、ちょうど読み終えた一冊です。

車椅子に乗った捜査官Lincoln Rhymeと、

美人のパートナーAmelia Sachsのペア

対、究極の犯罪人The Watchmaker。

何層にも重なったThe Watchmakerの

手口はLincolnとAmeliaをかく乱し、

捜査も困難を極めるのですが、彼らを

バックアップする捜査官も何人かいて、

皆個性豊かに描かれています。The

Watchmakerの手口が周到な分、筋が

少し複雑かなという気がしますが、

まあ全体としてはストレートな捜査もの

としてスカッと楽しめます。

これは、まだまだ続編が期待できそう

です。この機会に、是非挑戦を。
posted by 英語生活人 at 06:50| Comment(0) | TrackBack(3) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

BALENCIAGA【40%OFF】【新品 代引手数料当
Excerpt: BALENCIAGA写真がプリントされたTシャツ4枚の写真がプリントされたような面白いプリントのTシャツ。1枚でインパクトあるので、Tシャツなのに主役級の着こなしができます。ジャケットなどのインにきて..
Weblog: アクションが最高によかった
Tracked: 2007-08-11 05:29

マフィア・ハードボイルドのレビュー
Excerpt: BALENCIAGA写真がプリントされたTシャツ4枚の写真がプリントされたような面白いプリントのTシャツ。1枚でインパクトあるので、Tシャツなのに主役級の着こなしができます。ジャケットなどのインにきて..
Weblog: アクションの厳選紹介
Tracked: 2007-08-12 12:26

BALENCIAGA【40%OFF】【新品 代引手数料当
Excerpt: BALENCIAGA写真がプリントされたTシャツ4枚の写真がプリントされたような面白いプリントのTシャツ。1枚でインパクトあるので、Tシャツなのに主役級の着こなしができます。ジャケットなどのインにきて..
Weblog: アクションをあげる
Tracked: 2007-08-20 06:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。