2007年02月14日

Audibleな洋書生活 1-6

Audible 洋書生活 

1-6冊目

ここでは、Audible.com. を通して、いままでに読んできた

本の簡単な感想などを記します。

Audibleとは、一流のナレーターや著者自身が、本を
音読してくれている音声ファイルをダウンロードできる
有料サービスです。毎月1冊なら1500円ほど、2冊なら
2500円ほどで本来CDやカセットでなら一冊分が数千円
から1万円近くする音声が入手できます。小生の場合は
音声と実際の本も入手して「1パラ聴き、2パラ目ささやき
読み」をしています。早いもので、もう3年以上続けていて、
冊数は80冊を超えました(2007年2月時点)。

こうすることで、耳と目と口が全て鍛えられます。
結果的にはリスニング、スピーキングやライティング
までオールラウンドに伸びてきます。

最初の数冊は「捨て石」と割り切り、次第に理解でき
てくるのを待ちます。1語、1文、1段落わかればそれで
儲けもの、と考えていくと継続できます。音読して
くれている人の声があるので、不思議と孤独感があり
ません。超お勧めのやり方です〜。

*ダウンロードするものは、簡略版とは違って、
全文版のunabridged版にします。

--------------------------------------------------

1. Memoris of a Geisha
Arthur Golden

現在、Sayuriというタイトルで、映画のDVDなどが

リリースされています。これは、ある女性の人生を

芸者である彼女の目を通してみた小説です。とても

リアルで、日本の文化的なエッセンスが漂っています。

このSayuriという主人公は、とても魅力的で、読む人を

ぐいぐい引き込むこと必至です。英語も平易で、お勧めです。

(準1級・TOEIC700あたりから)

内容(「MARC」データベースより)
さゆり十五歳、男たちを熱くする。元芸妓「さゆり」が

晩年、アメリカで知りあった歴史家を聞き役に、祇園

で生きた前半生を、花街の華やかさ、哀しさ、そして

温もりを込めて語るかたちで綴られた物語。

--このテキストは、単行本版に関連付けられています。

−−−−−−−−−−

2. Intensity
Dean Koontz

極上のサスペンスもの。友達の家に泊まりにいった

主人公が、冷酷な殺人鬼に遭遇。それをきっかけに、

彼女はまだ犯人のアジトで生存していると思われる

被害者(少女)を救い出そうとして...これは、英語も

平易ですし、グイグイと引き込まれます。お勧めの一冊。
(準1級・TOEIC700あたりから)

−−−−−−−−−−

3. Mayday 
Nelson Demille

これは、もうどこでも集中して読めます。英語も平易ですし

スリル満点。一応紹介文も載せますね。
(準1級・TOEIC700あたりから)

内容(「BOOK」データベースより)
誤射されたミサイルがジャンボ旅客機を直撃した。

機長は死亡し、乗客が酸欠により凶暴化するなか、

無傷の生存者たちは必死で生還をめざすが、地上では

事故の陰蔽のために生存者もろとも機を墜とそうと

する計画が進行していた。82年に出版され、今や古典

となった航空サスペンスの名作が、全面的加筆を施され、

決定版として登場。

−−−−−−−−−−

4. Every Second Counts 
Lance Armstrong, Sally Jenkins

いや、人生って、捨てたものじゃないんだーと実感。

癌でもうだめ、と医者に宣告されて、それでもやり遂げる

のだから。英語も読みやすく、スポーツ好き、自転車好き

の方、ガッツもの好きの方にも超お勧めの一冊ですよ。

Publishers Weeklyより

史上2人目となるツール・ド・フランス5連覇を達成した

アームストロングは、健全な自尊心を持っている。

彼の場合それも当然だ。なぜなら、彼は世界の一流

アスリートの1人であるだけでなく、ガンの克服者で

ガン患者の支援者、人道主義者、献身的なマイホームパパ、

さらには、フリーライターのジェンキンスの助けを借り

ながら書いたこの本で証明しているように、優れた回顧録

の筆者でもあるからだ。アームストロングは2002年の

夏じゅう、前作『NotAbout theBike』(邦題『ただマイヨ・

ジョーヌのためでなく』)に続く2作目となるこの本を

書いていた。自転車レースは、彼に個人的な栄誉を

もたらしてくれるものであると同時にチームスポーツ

でもある。アームストロングは人生のさまざまな面で、

いつもそのことを意識している。「自分独りでやれると

思っている人間は、気が付くと四方八方敵だらけという

ことになるだろう。他の人から成功を望まれるようで

なければならないし、独りで坂をのぼっていくことは

できないのだ」。彼は、家族や友人、チームメイト、

医者、看護士、コーチ、そして、ガンを克服したほかの

人たちなど、大勢の支援者たちを心から信頼し、彼らから

力と励みをもらっている。彼は、ガンは自分を目覚めさせる

警鐘だったと考えている。つまり、競技者人生においても

私生活においても、1秒1秒がとても大切であることを

教えられたというのだ。この本は、最後に、離婚、

そして、2003年のレースを心待ちにしながらも引退

したらどうするかという話が出てくるなど、もやもや

とした終わり方をしている。それでも、彼の力強い

希望のメッセージは異彩を放っている。感動と情熱

に満ちたこの本は、自転車ファン大満足の自転車

体験記だが、人に勇気を与えてくれるアームスト

ロングの生き方に興味がある読者にも読みやすい。

−−−−−−−−−−

5. Blink
Malcolm Gladwell

人間には、論理で考える力と同時に、いや、それ以上

に物凄い直観力があるのかも知れない。このことを

ずばり教えてくれます。いろんな例が挙がっていて、

文体もとても読みやすいです。著者や元ワシントン・

ポストの記者。

−−−−−−−−−−

6. Shadow Divers: The True Adventure of
Two Americans Who Risked Everything
to Solve One of the Last Mysteries
of World War II

Robert Kurson著


月並みな表現ですが、これは凄いです。

戦時ドイツの潜水艦の水中での調査に

7年間を賭けた2人の主人公達の執念

の記録です。単なる冒険ものとは一線

を画しています。人生や、友情、夫婦の

あり方などなど、いろんな要素が伏線と

なっていて、読みやすい英語と相まって

ぐいぐいと引き込まれます。ズバリお勧め

の一冊。読んで絶対後悔しないですよー。

posted by 英語生活人 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33636105
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック