2008年08月02日

Audibleな洋書生活 104

104冊目記録

The Drunkard's Walk
by Leonard Mlodinow

統計的な確率分析による結果と「常識」
というものが異なることがかなりある
という本。

特に印象深いものはモンティ・ホール・
ディレンマだった。

さて、次は久しぶりにDeen Koontzへ。




posted by 英語生活人 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。