2011年02月24日

Audible 第124冊目

Unbroken / Laura Hillenbrand

実は、ちょうどさっき読み終えた本です。主人公
のLouis Zamperiniは、陸上の花形ランナーだった。
そこに戦争が。軍機が墜落し、海上で何度も恐ろ
しい経験をして、たどり着いた先には捕虜生活。
そこからは、想像を絶するような仕打ちが続く。

人間の心身の力というのは、ここまで耐えられる
ものなのか、また彼を最終的に救ったキリスト教
の力というものにも、一種の畏敬を感じます。
Zamperini氏は、最終的に生き残ったから結果的に
強かったと言えるかもしれません。いろんな確率
の間を幸運にもすり抜けてきたとも言えるかも。
まあ、でも全編とにかく、もの凄いです。

歴史的には、これを読んだ多くの米国人は本書
から日本人の過去の蛮行が再現されることで、
原爆とかも肯定的に見ることになるのかも。この
あたり、読んでいていろいろ複雑でした。

英語は読みやすく、Audibleで、本書の読み手の
Edward Herrmann氏もビシッときまっています。
先日、「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男」
を観てきたこともあり、命の大切さということを
考える昨今です。(2011年2月24日読了)


posted by 英語生活人 at 15:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Audible 第123冊目

The Confession / John Grisham

今年の最初の読了本です。これまでGrisham氏の本は
当たり外れがあり、ちょっと敬遠気味でしたが、今回
は当たりでした。文章が読みやすく、素直に良かった
です。刑罰・死刑・冤罪・良心。。。こうしたことを
いろいろと考えさせられます。おすすめ。1月9日読了
posted by 英語生活人 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Audible 第119-122冊目

第119冊目 Word of Honor / Nelson Demille
第120冊目 Born to Run / Christopher McDougall
第121冊目 What Got You Here Can't Get You There / Marshall Goldsmith
第122冊目 61 Hours / Lee Child

かなりためてしまいました。。。忙しいのに甘えて
しまい、読めていなかったんです。

上の"Born to Run"は、特に印象深かったです。
人間は、走るのに都合良く作られており、足も
靴を履かないのが理想らしいです。本に出て
いる部族タラウマラ族のもの凄い体力は必読。
第121冊目の"What Got You Here Can't Get You There"も
これからの行動指針として参考になります。

posted by 英語生活人 at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Audibleな洋書生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする